遺品整理や葬儀の準備で慌ただしい場合は葬儀社に相談しよう

散骨で供養する

手

葬儀を行なう事によって、故人を供養することが可能ですが、葬儀のスタイルも少しずつ変化していくようになりました。最近では海へ遺骨を撒いたり、宇宙に遺灰を打ち上げる宇宙葬が注目を高めつつあります。なお、価格を抑えたいという場合は海への散骨を行なうという方法がぴったりです。遺骨の原型が無くなるまで粉々にしておいて、花びらと一緒に船から撒いていきます。なお、海の周辺に住んでいる近隣住民の反応によって、可能かどうか分かれてしまいます。行なうという場合は、海への散骨に対応している葬儀社へ相談を行っておいた方が良いと言えるでしょう。海を好んでいるという場合であったり、お墓を持たないという人にとって適している供養の方法となっており、人気は高まっていくと予想されます。

海へ遺骨を撒くという散骨の他にも、遺骨を収めたカプセルを宇宙に飛ばすという宇宙葬も人気があります。日本ではまだ行われていませんが、外国で行われるようになっており、ホームページから申し込みを行っておくことで、専用のカプセルを自宅まで送ってもらうことが出来ます。遺灰を詰めて返送すれば、後日に大人数分の遺灰をまとめて宇宙に飛ばしてもらうことが可能となっています。打ち上げた様子をネットから確認ができ、また、周回している様子をGPSから見れます。どの場所で宇宙を漂っているのかについて分かるので、故人はどこで過ごしているのだろうと気になった時に利用する人が沢山います。